石井 尚貴 石井 尚貴

代表取締役社長

石井 尚貴
SARUCREWへの想い

狂ったように仕事し、狂ったようにクライアントの売上を上げよう

代表の私と、副社長の大保は1992年生まれの申年というのが共通点でした。 猿は日本昔話でも滑稽の的とされることが多いのですが、我々は一味違うという想いで共通点の”猿”をKWにしました。 私たち2人の考えとして仲間を大事にしようという考えがあり、同じ船に乗って旅に出れる仲間、”CREW”という言葉に”狂う”という意味を込めました。 狂ったように仕事し、狂ったようにクライアントの売上を上げよう。そして自分の人生を大番狂わせしよう。 そんな意味を込めて”SARUCREW”と名付け、”猿、狂う。”と副題をつけました。

石井 尚貴
メッセージ

我々がビジネスで戦っている戦場はITの分野であります。 ITと言うとパソコンスキルが問われたり高い水準の技術が必要と思われますが実は全く違い 現に私はパソコンスキルは全くありませんし、難しいことは何も出来ません。 この業界に必要なことはパソコンスキルでも知識でも人脈でもなく、チャレンジできるかどうか。 scrap and build(破壊と再生)の業界であることを理解でき実行できるか。 且つ自分達の夢に向かって戦い抜く熱量があるか。 売上は社会貢献度を可視化した、ものさし だと考え 30歳までにどれくらいの社会貢献度(売上)を作るか明確なビジョンを社員全員の目標としております。 合理的でない手法や思考を排除、破壊し、本質的なサービスを展開し関係者各位を少しでも幸せにできる会社を目指します。

Intervirew インタビュー

インターネットの広告代理店として広告主様と 法人・個人アフィリエイター様をベストマッチさせる ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を運営しております。